芸陽バス株式会社 GeiyoBus Co.Ltd.



 ● 運輸安全マネジメントに関する取組みについて
芸陽バス株式会社は、輸送の安全の更なる確保を図るために、以下のとおり全役職員が一丸となって取り組んでまいります。

1 輸送の安全に関する基本的な方針
(1) 取締役社長は輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、従業員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
(2) 輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善(これを「Plan Do Check Act」という)」を実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全役職員が一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全の向上に努めてまいります。

2 輸送の安全に関する組織体制および指揮命令系統
  別紙1「安全管理体制図」のとおりです。

3 輸送の安全に関する目標および結果

  事故防止目標(2018年度)
  (1) 有責重大事故 0件
(2) 車内事故(車内転倒・扉事故含む) 0件
(3) 有責事故   18件以下 にする。

  2017年度目標に対する結果
  (1) 有責重大事故   目標 0件 結果 0件(内、車内事故含む)
(2) 車内事故   目標 0件 結果 2件
(3) 有責事故   目標19件以下 結果28件(重大事故、車内事故、協議中 を含む)

4 輸送の安全に関する重点施策
(1) 関係法令および安全管理規程に定められた事項を遵守いたします。
(2) 安全の確保に関する投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。
(3) 内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
(4) 社内における情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
(5) 輸送の安全に関する教育および研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施いたします。
(6) 上記の各項目が遵守徹底されているか、取締役社長および管理職が、営業所巡回・早朝点呼の実施等を定期的に行います。

5 輸送の安全に関する計画
(1) 設備投資
 車両については、計画的に最新の型式へ代替してまいります。
 全車両に搭載しておりますドライブレコーダ、およびデジタルタコグラフを活用し、安全運転教育と指導の一助とします。
(2) 安全運動
 春及び秋の全国交通安全運動にあわせて事故防止運動を重点的に展開するほか、会社独自の方策 として、夏季輸送の安全強化運動 ならびに年末年始輸送の安全強化運動を実施するなど、年4回の安全運動を実施し、輸送の安全性向上に努めてまいります。
(3) 飲酒運転防止
 全ての営業所(端末車庫も含む)に導入しております自動記録型アルコール検知器(IC免許証リーダー付)を使用し、飲酒運転の根絶に努めてまいります。
(4) 教育
 2018年度を通じ、以下の項目について教育を行います。
  @運転する場合の心構え
  A運行の安全および旅客の安全を確保するために遵守すべき基本的事項
  B構造上の特性
  C乗車中の旅客の安全を確保する為に留意する事項
  D旅客が乗降するときの安全確保する為に留意する事項
  E主として運行する路線若しくは経路及び営業区域における道路・交通状況
  F危険の予測及び回避
  G運転者の運転適性に応じた安全運転
  H交通事故に関わる運転者の生理的心理的要因に対する対処方法
  I健康管理の重要性
  J異常気象時における対処法
  K非常用信号用具、非常口、消火器の取扱い
  L安全性の向上を図るための装置を備える貸切バスの適切な運転方法
  Mドライブレコーダの記録を活用した指導・監督

6 輸送の安全に関する内部監査実施について
1. 監査対象部門  運輸課
2. 実施日  2018年3月
3. 監査員  総務課

7 輸送の安全に関する予算等の実績額
  ・2018年度  輸送の安全性向上を目的として取り組み、全投資額は計2億0,709万円の予定です。
  ・2017年度実績
    路線バス5両(ノンステップ車4、ワンステップ車1)、高速車3両(全てASV車両)
    ドライブレコーダ、デジタルタコグラフを全車両に搭載済
    自動記録型アルコール検知器の導入済
    全投資額は2億0,522万円でした。
   

8 事故・災害等に関する報告連絡体制
  別紙2「重大事故発生時の処理体制図」のとおりです。

9 安全統括管理者
  取締役 安全統括部 部長 一橋 浩文

10 安全管理規程
  別紙3「安全管理規程」のとおりです。

以上